美肌を手に入れる方法

バラの香りで、皮膚の免疫機能を高め、美肌効果をもたらす!

 

優雅なバラの香りで、美肌効果&リラックス効果♪

 

好きな香りは?と尋ねると「バラの香り」と答える女性が圧倒的に多いそうです。

 

古代エジプト時代から多くの人々を魅了しながら、女性の美とともに歩み続けたバラの香り。

 

精油は、古代からマッサージや入浴、香水として愛用されてきたそうです。

 

 

1,000種にも及ぶバラの香りを研究・分析している蓬田バラの香り研究所所長の蓬田勝之先生によると、

 

古代の記述からバラは万能薬でもあったそうで、月経過多や子宮の不調、吐血、頭痛、目・耳・のど・歯茎の痛みなどに、ある種類のバラを煎じたり粉末にして使っていたことも分かっているそうです。

 

また、中国最古の薬物書<神農本草経>にも、バラのビタミン、フラボノイドなどが、むくみや便秘に効果をあらわすことが書かれているそうです。

 

さらに、古い医薬を紹介した書には、鎮痛薬から内臓疾患、浄化や炎症、うつ病、不妊症まで様々な症状に対するバラの処方が書かれているそうです。

 

そうした伝承を実証するための実験から、バラの香りには、心拍変動を安定させ、ストレスを感じた時に分泌されるコルチゾールというホルモンを低減させる作用があることが分かったそうです。ストレス軽減効果。

 

 

精油が肌にいいことは昔から知られていて、入浴やマッサージに使われてきました。しかし、オイルなどを介した直接的な作用だけではなく、香りの刺激も肌に作用することが分かってきました。

 

香りのある化粧品と、そうでない化粧品を使った場合を比較する実験を行ったところ、香りのあるグループでは、バリア機能回復の効果が顕著だったそうです。

 

香りの心地よい刺激と、香り成分のリラックス作用で、肌の免疫力がアップしたそうです。

 

また、香りのリラックス効果は、汗や体臭にも影響を与えるようで、体臭予防にもなるそうです。

 

その他の美肌&フェイシャルのおススメなら♪

 

美肌を手に入れる方法をご紹介しています。